ホーム > Blog記事一覧 > トレーニングの記事一覧

どうしてお腹が出てくるの?

2014.08.26 | Category: トレーニング,姿勢

こんにちは!

 

姿勢矯正・交通事故治療院のきみ整骨院 佐藤です。

 

 

『みなさんはお腹でていますか? もしくは気になりますか?』

 

 

すみません、いきなり・・・

 

「以前より食べなくなったのになぜお腹まわりが太るんだ!」

「見た目はスマートなのにお腹はポッコリ・・・」

 

歳をとると全身の筋肉が衰え運動もあまりしなくなるので、消費しきれないエネルギーがいつの間にか脂肪になって蓄えられている、という事らしいです。

つまり、昔より余剰エネルギーが出やすい体質に変わっているため、食事量が減ってもあまり効果がないわけです。

 

そこで!!

 

誰もが簡単にでき、なおかつカラダに負担をかけない状態でお腹まわりを引き締める効果があるのは・・・

 

 

【ドローイン】

 

 

簡単に言うと《お腹を凹ませる動き》をさします。

おもに腹横筋という筋肉を使うことで脊柱(背骨)を安定させる効果があります。お腹を凹ませる動きに加えて背筋群など、体幹全体を使うことでエネルギー消費量も大きくなります。お腹を引き締める効果大なので、腰痛予防やトレーニングにも簡単に使え、健康にもなれ、いつでもどこでもできます。

 

忙しい人も大丈夫!ぜひ30秒間ドローインしてみてください!

とにかく簡単

すぐに効果が得られる

いつでもできる

姿勢が良くなる

健康になる

続けやすい

 

 

 

ARIGATO

 

 

 

サッカーのストレッチ

2014.02.18 | Category: トレーニング

おはようございます!

 

姿勢矯正・交通事故治療院のきみ整骨院 佐藤です。

 

突然ですが、ストレッチの話を少ししたいと思います。

今回は【サッカー】です。

サッカー人口も増え続け、日本代表の選手などほとんど海外でプレーしています。

プロの世界ではいくら施設、設備が整っていても、自己管理ができていないとやっていけません。

 

余談ですが『キングカズ』こと三浦知良選手は今月47歳になります。

47歳ですよ!!現役プロですよ!!サッカーという走り回り、接触の多いスポーツですよ!!素晴らしいの一言です。

そのカズ選手は自分より一回りも二回りも歳の離れた選手と一緒に練習しています。持久走などは若い選手の前を走るそうです。

自分のカラダを分かっていないととてもプロとして続けられないと思います。

体幹やストレッチ、体のケアを徹底的にしています

 

長くなりましたがサッカーでは競技特性として、ボールを蹴る(キック)動作が多くなります。そのため股関節周囲の筋肉が非常に強い負荷がかかります。

ケアをせずにほおっておくと肉離れや様々な動きへの対応、一番厄介なのがサッカー特有の疾患といってもよい【グローインペイン】という鼠径部痛になり、治るのに時間のかかる傷害を引き起こす原因にもなります。

 

それらを普段から予防すると同時にカラダの柔軟性を確保するため、股関節周囲のストレッチが非常に重要です。

 

以下に主な筋肉を挙げておきます。自己管理という意味でも自分でどこの筋肉なのか?を確認しながら調べていただきたいと思います。

 

・大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、内側広筋、外側広筋)

・腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)

・臀筋群(大臀筋、中臀筋、小殿筋、梨状筋など)

・大腿筋膜張筋

・腸脛靭帯

・内転筋群(恥骨筋、長内転筋、大内転筋、薄筋など)

・ハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)

 

ストレッチはカラダの健康にもつながりますので、毎日するのがオススメです!

 

 

 

 

 

赤ちゃんの体幹

2014.01.23 | Category: トレーニング,姿勢

こんばんは!

 

姿勢矯正・交通事故治療院のきみ整骨院 佐藤です。

 

本日は赤ちゃんの一般的な成長の過程を簡単に書きたいと思います(*^-^*)

僕も2児の父ですから、おさらいします(´ー`)

 

仰向け期0~3か月

0か月・・・とにかく泣く。

1ヶ月・・・両手を握ったり、開いたりする。 視線の先のものをじっと見る。

2か月・・・おもちゃの音や人の動きに反応する。 脚をバタバタさせる。

3か月・・・おもちゃや動く人を視線と頭を動かして追う。

 

寝返り期4~6か月

4か月・・・仰向けで両脚を持ち上げてキープする。 腹這いでカラダを捻る。

      腹這いで頭を床と90度保つ。

5か月・・・自力で腹這いからうつぶせ姿勢になる。

      腹這いで上半身の向きを変える。

6か月・・・寝返りを打ち始める。 腹這いで両手を踏ん張って体重を支える。

 

ハイハイ期7~9か月

7か月・・・ピボットターンを行う。 座って体を起こす。 ずり這いをする。

8か月・・・座った姿勢から自力で腹這いになる。 ハイハイをする。

      つかまり立ちをする。

9か月・・・ハイハイが上達する。高這いをする。

 

つかまり立ち期10~12か月

10か月・・・自力でつかまり立ちをする。

11か月・・・両手つなぎで歩く。 つかまり立ちから手を離しても自立する。

       高這いが上達する。

12か月・・・高這いから立ち上がろうとする。

 

ヨチヨチ歩き期1~1歳半

1~1歳3か月・・・自力で2~3歩歩く。 しゃがんだ姿勢から何もつかまらず            に立ち上がる。 ふらつきながらある程度の距離を歩く。

1歳3か月以降・・・歩行が完成する。 小走りをする。 ボールをキックする。            ボールを投げる。

 

体幹完成期2歳

 

約2年かけて体幹を作っていきます。しかも自然と。

大人はそうはいきませんので、しっかり体を動かして体幹をキープできるようになりましょう\(^o^)/ 体幹を鍛えて絶対に損はありません!!

 

長くなりましたのでこの辺でm(__)m

筋肉痛

2014.01.22 | Category: トレーニング

おはようございます! 

 

姿勢矯正・交通事故治療院のきみ整骨院 佐藤です。

 

最近少しずつトレーニングをしているおかげで、カラダのあちこち筋肉痛があります(^^;)動きずらいほどあるわけではないので仕事には支障ありませんよ!

以前はプルプルしながら仕事していたこともありましたが・・・(笑)

 

筋肉痛になるということは、いかにその筋肉を使っていなかったかと考えられます。また急な使い過ぎでも起こります。

日常生活の動きとなると、ほぼ毎日同じような動きになりますよね。とういことは同じ筋肉しか使っていないという事。同じ可動域でしか使っていないという事。

以前よりカラダが動かなくなった』、『腕が上がらなくなった』、『カラダが硬くなった』などをよく耳にします。

 

それは『動かなくなった』のではなく、『動かさなくなった』からなのです。

 

なので一度ご自身のカラダを見直すとよいですよ(^-^)

筋肉痛が起こるのも心地いいと感じるくらいになると、筋肉もイキイキしてきます。動きももちろん変わります。カラダももちろん変化します。筋肉の温度が上がりますからね。

 

時間はかかり急には動きが良くなることはあまりないですが、日々の練習によりカラダも心も強くなっていきます。

 

みなさん!

『筋肉痛』はカラダが変わろうとしている証拠でもあるので、すぐに止めないでくださいね。パワーアップしましょう\(^o^)/

※急な痛みや痛みをこらえてまでやる必要はないです。悪化する可能性があります。

 

ストレッチ&トレーニングの重要性

2013.12.27 | Category: トレーニング

こんにちは!

 

姿勢矯正・交通事故治療院のきみ整骨院 佐藤です。

 

本日はストレッチ、トレーニングの重要性について書きたいと思います。

 

年末年始で家でゆっくり過ごす人、または仕事をする人、外出して楽しく過ごす人、様々かと思います(^-^) 生活環境によって違いますよね?

しかし人には日々の生活によって起こる 【癖】 があります。

体に負担をかけるような癖の中には、ときには骨を歪ませるほど危険なものがあります。無理な姿勢をとることで、筋肉が固くなる部分と緩む部分が出てきます。これが長く続くと骨盤や関節を歪ませてしまい、神経や血管を圧迫し痛みとなってくる。

 

【癖】というものは知らず知らずのうちに習慣づいていくものです。(良い習慣ならとても良いのですが) 

筋肉や関節の異常を引き起こさないために、自分の身体に負担を与えている【癖】を自覚することが大事です。癖は十人十色。なかなかピンポイントで自分の身体のどこがどうなっているのか?ということはわかりません。

 

そこで誰でもでき筋肉などを正常化させるために役立つのがストレッチとトレーニングです。体のバランスを整えます。

衰えた筋肉をトレーニングで強化し、凝り固まった部分をストレッチでほぐしていくことで、痛みを和らげるだけでなく、体の歪みを予防することにもつながります。

 

きみ整骨院では治療するだけではなく、必要な部分をストレッチしていきます。場合によってはトレーニングも指導します。その方が治療するだけよりも高い効果を得られることができるからです。

 

冬は寒いです。体が固くなりやすいです。すると関節や筋肉が痛くなったり、だるくなったりします。

痛みや違和感がありましたら我慢しないで、きみ整骨院へご相談下さい。

我慢が蓄積すると≪爆発≫しやすいです(>_<)

 

共に自分の身体と向き合い《健康》に過ごしましょう\(^o^)/

 

当院へのアクセス情報

きみ整骨院

所在地〒950-2015 新潟県新潟市西区西小針台2-4-3 スターハイム1F
駐車場3台あり(院の裏側)
予約予約優先制とさせていただいております。
電話番号025-211-8842
休診日日曜・祝日
院長佐藤 公則

駐車場のご案内