Blog記事一覧 > トレーニング > サッカーのストレッチ

サッカーのストレッチ

2014.02.18 | Category: トレーニング

おはようございます!

 

姿勢矯正・交通事故治療院のきみ整骨院 佐藤です。

 

突然ですが、ストレッチの話を少ししたいと思います。

今回は【サッカー】です。

サッカー人口も増え続け、日本代表の選手などほとんど海外でプレーしています。

プロの世界ではいくら施設、設備が整っていても、自己管理ができていないとやっていけません。

 

余談ですが『キングカズ』こと三浦知良選手は今月47歳になります。

47歳ですよ!!現役プロですよ!!サッカーという走り回り、接触の多いスポーツですよ!!素晴らしいの一言です。

そのカズ選手は自分より一回りも二回りも歳の離れた選手と一緒に練習しています。持久走などは若い選手の前を走るそうです。

自分のカラダを分かっていないととてもプロとして続けられないと思います。

体幹やストレッチ、体のケアを徹底的にしています

 

長くなりましたがサッカーでは競技特性として、ボールを蹴る(キック)動作が多くなります。そのため股関節周囲の筋肉が非常に強い負荷がかかります。

ケアをせずにほおっておくと肉離れや様々な動きへの対応、一番厄介なのがサッカー特有の疾患といってもよい【グローインペイン】という鼠径部痛になり、治るのに時間のかかる傷害を引き起こす原因にもなります。

 

それらを普段から予防すると同時にカラダの柔軟性を確保するため、股関節周囲のストレッチが非常に重要です。

 

以下に主な筋肉を挙げておきます。自己管理という意味でも自分でどこの筋肉なのか?を確認しながら調べていただきたいと思います。

 

・大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、内側広筋、外側広筋)

・腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)

・臀筋群(大臀筋、中臀筋、小殿筋、梨状筋など)

・大腿筋膜張筋

・腸脛靭帯

・内転筋群(恥骨筋、長内転筋、大内転筋、薄筋など)

・ハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)

 

ストレッチはカラダの健康にもつながりますので、毎日するのがオススメです!

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

きみ整骨院

所在地〒950-2015 新潟県新潟市西区西小針台2-4-3 スターハイム1F
駐車場3台あり(院の裏側)
予約予約優先制とさせていただいております。
電話番号025-211-8842
休診日日曜・祝日
院長佐藤 公則

駐車場のご案内